その他、削除する内容

Tue, 30 Jun 2020 16:38:07 JST (41d)
Top > その他、削除する内容
  • 一般に大勢の見ているところではしないことを記事やコメント欄に書いた場合
    削除しようと思います。
 

注釈、説明書き

以下に下品な内容を扱います。閲覧注意

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

例えば、

普通ウンチはすべての人がするものだと思われますが、

多くの人の前ではすることはありません。これはけっこう時代をさかのぼっても変わりません。

 

もししたならば持って帰る予定であっても通報されて逮捕されてしまうでしょう。

 

これは誰もがすることですが場所をわきまえないことによって起きる罪です。

 

ウィキはページにもよりますが100人や1000人ぐらいの人が毎日記事を見ているでしょう。

ビビッドアーミーは全年齢のゲームであり、そのためこのウィキも全年齢に対して配慮していこうと思います。

なので、100人や1000人の前であるウィキで下品な内容やエッチな内容を書いている場合

削除していこうと思います。

 

ただし、〇〇様は下品なエッチなことを言って困らせているという感じの

下品でもエッチな感じでもない記事は残します。

 
 
 

下品とエッチな内容の規制の歴史 Edit

 

今回のルールは基本的におおむね映倫のレーティングを参考に考えましたが、

映倫はアメリカのレーティングを参考にしていると言われています。

 

アメリカのレーティングの前はヘイズコードという守らなかったら上映禁止

というものでした。

ヘイズコードは一人のカトリックの信徒と一人のイエズス会の牧師によって規程され

それを映画スタジオが守るという合意によって決まりました。

内容はおおむね、キリスト教の一夫一妻制を保ち得る自制心の育成と

犯罪や人を無能にする行為を若年者の目に触れさせないというところに帰結すると思います。

 

また過去には明らかに映画の影響とみられる行動で風紀が乱れたり

犯罪の描写によるレーティング規制のある映画の原作小説など年少者が好んで収集し犯罪を行ってしまった

という事例があり規制には一定の効果があるものと見込めます。

 

レーティングの理解で難しいところは

年少者がしない方がいいことで大人はしてもいいこと 例えば、お酒やタバコなど 

年少者がするべきではないことで大人もするべきではないこと 例えば、犯罪など

がごちゃまぜになって規制していることだと思います。

 

参考:

https://ja.wikipedia.org/wiki/映画のレイティングシステム

https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ映画協会_(業界団体)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘイズ・コード

カトリックの性の考え方

http://www.catholic-teachers.com/2.htm

アメリカにおける下品な表現に対する規制について大沢研究会

http://kgcomshky.cocolog-nifty.com/seijigakuKenkyu-42_07.pdf